▼ MENU

「筋肉」を“動かす・増やす”と癌(13種類もの)を防いでくれる!その理由とは?【大阪の阿倍野区・東住吉区・住吉区・南住吉区・天王寺区・平野区・堺市で重症腰痛の口コミ評判人気NO.1整体院のプロスポーツ選手や著名人も絶賛するカラダコンディショニングミツ健康ブログ】

投稿日: 2017年12月27日  | カテゴリ: がんの予防

「筋肉」と「がん細胞」は一見、無関係に思いますが、実は「筋肉量」を増やす事で、がん予防になる事がわかっています。


癌細胞は繰り返し日々産まれては消えている


がん細胞は毎日、私達の身体の中に出来ています。

そのがん細胞と闘うのが「免疫細胞」ですが、この免疫細胞は体温が低いと働きが弱くなります。

1度体温が下がると「30%」も下がります。


風邪やインフルエンザにかかると熱が出るのは免疫細胞の働きを良くする為で、日々発生するがん細胞も体温が40度近くになると死滅します。


日本人の平熱は年々低下しているその理由は「筋肉量の低下」


筋肉量が減ると身体の体温は下がります。

体温は基礎代謝と密接な関わりがあり、筋肉量が増えれば増える程、基礎代謝は上がり体温もそれに伴って上がります。


近年は、便利なネット通信販売や車移動、「スマホ」を活用してカフェで座りながら待ち合わせ等、身体にとって楽な社会になるにつれ運動量は激減しています。
50年前と比べると日本人の平熱は0.7度も下がっており、現在は36度ちょっとしかありません。便利な社会が筋肉量の低下を招いた結果が数字として表れている他ないわけです。

そして、がん細胞は体温が35度になるとがん細胞は一気に増殖します。

人は寝ている時はどうしても体温が下がる為、35度を下回らないように維持しようとします。

それが返ってがん細胞の恰好の環境となってしまいます。


日頃から、平熱が低いとお悩みの方は、ウォーキングやスクワットを取り入れてみると効果が得られます。


筋肉を動かす事が、がん(13種類もの)を予防する一番の対策!


がん患者の病状が進行してくると、がん細胞は自分自身が生存する為、骨格筋に溜め込まれている「グリコーゲン」や「たんぱく質」をエネルギー源として使います。

比較的、筋肉が多い腕や太腿、腰回りなど身体がどんどん痩せていくのはその為です。


ある実験で、人工的にがん細胞を移植したマウスに筋肉増強剤を投与したマウスと筋肉増強剤を打たなかったマウスを比較したところ、筋肉増強剤を打たなかったがんマウスは筋肉が減少し、全部が衰弱死しました。

一方の筋肉増強剤を打ったマウスは、がん細胞が増殖しても筋肉量と体重が維持され、10%しか死なず生存率が飛躍的に上がったというデータがあります。

これはがんに罹った時、筋肉が生命維持のために何らかの役割を果たしている事を意味しています。


そして、もう一つの学調査のデータでは、がんに患っていなくても運動している人は、将来のがん発症リスクが低いことが分かっています。

さらに、2015年に『アメリカがん研究協会』が、肺がん、食道がん、乳がん、骨肉腫など少なくとも13種類のがんに関して、運動効果が確実にあると医師会誌で発表しており、世界的にも運動する事にがん予防効果がある事が認められています。


また、筋肉から身体を守る有益なホルモン「マイオカイン」が出ていることが分かってきました。

「大腸がん」を抑制する効能のあるもの、「肥満」や「糖尿病」を抑えるもの、「脂肪肝」を改善するもの、「動脈硬化」、「うつ病」や「ストレス」、「認知機能の改善」につながるものなど様々なマイオカインが次々と見つかっています。

さらに、「AMPキナーゼ」という2型糖尿病を抑え込む酵素が筋肉で生成され、骨格筋が万能ホルモン・マイオカインやAMPキナーゼの分泌を作る事と、その分泌を促進する為には運動が必要な事も分かりました。


カラダコンディショニングミツ(KARADA CONDITIONING MITSU)整体院「光田式トレーニング」で運動していつまでも「健康で長生き」を目指しましょう!

 

 


 

 

【光田式呼吸法】

 

 

 


「呼吸法」は基本的に『7秒吐いて4秒吸う』リズムで行います。

「呼吸」って実は、吐く動作の方が吸う動作よりも長くてあらゆる面で大事なんです。

正しくは「吐いて→吸う」 

これです!! 

実際に吐く量の時間は吸う量の倍の時間です。
 

最近、流行りの「ヨガ」や「ピラティス」もこの呼吸を絡めたエクササイズをしています。

ストレッチで伸ばしたい時や身体を落ち着かしてリラックスさせたい時なども大きく呼吸、特に吐く動作を意識してやります。

緊張した時の「深呼吸」がこれです。

「ため息」を思い出してみて下さい。

ため息は疲れている身体をリラックスさせたい時に自然と無意識にやっています。

スポーツ選手でもよく声を出しながらプレーしている選手がいますよね?

あれはまさに声を出す=息を吐く事によって全身の力を伝えれる様になるわけです。

 

 

 

そして、ここから実際に「呼吸法」がもたらす効果をお話しします!

 

 

 

A.『「自律神経」が整う』

 

 

・交感神経→主に活動する時に働く

 

 

 

・副交感神経→リラックスさせる時に働く

 


 

この自律神経で人間の身体はコントロールされているので、逆に自律神経が乱れる事で心と体にあらゆる不調が起きてしまいます。

 


 

 


 

呼吸法は基本的に長くゆっくり吐く事で自律神経が整います。

 


 

自律神経は特に内臓や血管の働きをコントロールしているので「お腹の調子」が良くなったり、「冷え」が改善されます。   

 


 

また、呼吸と脳は密接で、リラックスに関わる脳内物質の「セロトニン」が出る事で「心が落ち着く」といわれています。

 

 

  

B.『姿勢改善と腰痛予防』

 


 

腰痛と言えば一番に「姿勢が悪い」方が圧倒的に多く目立ちます。

 


 

人間の骨格の基礎は「骨盤」と「背骨」です。

 


 

それらを支えている「脊柱起立筋」という筋肉が呼吸と関わる筋肉であり、姿勢を保つ筋肉でもあります。

 


 

 


 

そしてもう1つ大事なのが、「骨盤底筋群」と呼ばれる筋肉です。

 


 

これは腰のコルセット代わりをする筋肉で非常に深く、「膀胱」にへばりついていて若い時はタワーの様にシャンっと突ったっているのですが、年齢を重ねる毎に運動や呼吸量が減る事によって崩れてしまいます。

 


 

家の「柱」と同じ土台の役割なので骨盤底筋群が崩れると骨盤と脊柱のバランスが崩れて腰痛になってしまいます。

 


 

そこで、長くゆっくり吐く呼吸法を用いる事で、へその奥の骨盤底筋群が刺激され、またしっかりとした「天然のコルセット」が出来上がり、腰痛の予防や改善に繋がります。

 


 

 

 

 


 

C.『肩こりの改善』

 

 
呼吸には肩と首の筋肉も働いていて、呼吸法で肩周りの筋肉がしっかりストレッチされます。

 


 

また、呼吸法には血流を良くする作用もあるので肩こり改善に大いに期待できます。

 

 

 

 
D.『ダイエット効果』

 

 

呼吸と共に、お腹を大きく伸縮させるので、お腹周りの「肋間筋」「腹斜筋」といった「呼吸筋」に強く作用して筋トレ効果を得れます。

 


 

新陳代謝が良くなる「ロングブレスダイエット」でも知られる様になった効果です。

 

 

 

     

 

 

 


 

おわかり頂けましたか❔❔

 


 

実際に、当院の「腰痛」の施術やアフターケアの指導でもこの「呼吸法」が凄く重要に関わっています‼

 


 

何でも「まず、やってみる事」から初めましょう‼

 


 

そして、何よりも「予防」が大事です‼

 


 

症状があれば食い止める、現状どこも大丈夫でも何かなる前に始めておく。

 

なので、知ったからには是非今日から実践してみて下さいね‼

 

 

 


 

 
【動画はコチラ】

 


 

「光田式体質改善エクササイズ」 前編

 

 


 

「光田式体質改善エクササイズ」 後編

 

 

 

 


 

 

 

光田式「腰痛ヘルニア」改善エクササイズ!オリンピック選手やプロスポーツ選手も絶賛する驚きのストレッチ法!

 

 

 

 

 

 


 

 

 


 

効果抜群!「腰痛ヘルニア」がなかなか良くならない方へのストレッチ体操!光田式体質改善エクササイズその②

 

 

 

 


 

 

 


 

本当に「頭痛・腰痛」が消えるんだ!「光田式タオレッチポール」の作り方

 

 

 

 


 

 

 


 

本当に「頭痛・腰痛」が消えるんだ!「光田式タオレッチポール」エクササイズ実践編その①座位ver. 

 

 

 

 


 

 

 


 

本当に「頭痛・腰痛」が消えるんだ!「光田式タオレッチポール」実践編その②仰向けver. 

 

 

 




 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“関西人気料理番組”にご出演の『超一流シェフ』も当院の施術を絶賛‼
 
 

 

実績・詳細・ご予約は

 

 

こちらをクリック!(スマホの方はタップ!)

 

 

 

 


新着記事

「ストレートネック」とは? 「ストレートネック」とは、頸部への負担が継続的にかかる事によって「頭痛」や定期的な「めまい」「肩こり」など、様々な症状を発症する慢性的な首の障害です。   神経系の圧迫により、様々な症状を発症する障害で

オスグッド病とは?  「オスグッド・シュラッター病(※以下、オスグッド病)」とは、主に成長期の子供に発症する スポーツ障害(ケガ)として認知されております。   オスグッド病は主に「成長期の子供」に多く発症する事から、 成長痛と認識さ

「椎間板ヘルニア」について知っていますか?   「椎間板ヘルニア」と診断されて悩まれている方は、日本国内で100万人とも言われています。   「腰痛」と「椎間板ヘルニア」は何が違うのか? 治療法としてどのような方法があるの

人気記事

本日、博多もつ鍋『いっぱち』の松本大輝社長が日頃のご業務で蓄積された疲労をケアしに来院して下さいました❗ その、博多もつ鍋『いっぱち』も大阪の我孫子本店を皮切りに天王寺、新大阪、心斎橋の4店舗に拡大❗❗ 昨年末の記憶に新しい大晦日に行われた

当院とのご縁により『第62代横綱大乃国』の【芝田山親方】とご一緒させて頂きました❗ 色々とお話を聞かせて頂き、非常に勉強になりました❗ 二次会には、親方から「芝田山部屋」のお弟子さんも緊急召集がかかり参加してもらいましたよ~(笑)

当院の筋膜施術の“秘密兵器”『グラストンテクニック』 世界的に有名な人気ダンサー歌手「ジャスティンビーバー」のメンテナンス施術に取り入れられ、ネックペイン(首痛)が治ったと話題にされています❗ 【ジャスティンビーバー『グラストンテクニッ

この記事の関連記事

「ストレートネック」とは? 「ストレートネック」とは、頸部への負担が継続的にかかる事によって「頭痛」や定期的な「めまい」「肩こり」など、様々な症状を発症する慢性的な首の障害です。   神経系の圧迫により、様々な症状を発症する障害で

肩の痛みの原因はさまざま   人間の関節の中で、最も大きく動くのが「肩の関節」です。 腕を伸ばしてゆっくり回してみるとわかるように、ほとんどが全方向に動く様に出来ています。 こうした動きを支えるために、肩には「3つの関節」と「腱

こんにちは! 「椎間板ヘルニア」を『根本から改善する専門家』光田昌平です。 専門家として腰痛・ヘルニアの治し方をプロに教えています↑   椎間板ヘルニアと聞くとどんなことをイメージしますか?「手術」「痛い」「しびれ」「腰」「歩けない


最新記事

当院が新聞に掲載!

当院の施術法が『Tarzan』に掲載!

優良治療院に認定!

「おもてなし企画」認定店

院長プロフィール

所有国家認定資格

多数の技術資格認定証

グラストンテクニック

⇧詳細はクリック⇧

ご案内

カテゴリー

交通事故施術について

ブログ

光田式エクササイズ

ご予約・お問い合わせ

アクセス

所在地

〒545‐0014

大阪市阿倍野区西田辺町2-2-18 村上ビル1F

交通のご案内

・JR阪和線「鶴ケ丘」駅改札出口を出て右に徒歩すぐ!

・地下鉄御堂筋線「西田辺」駅②番出口から徒歩5分!

・阪神高速14号松原線「駒川IC」から5分!

・長居公園、ヤンマースタジアムすぐ側!

・駐車場は院前、院周辺にコインパーキング数か所あり!

中村晃司選手オフィシャルスポンサー

「まいどセレッソ」応援店舗加盟店に掲載

クレジット決済加盟店

Facebookページ